重曹を使って入浴剤や顔パックを作る方法

節約

掃除用品などでも使われている重曹(炭酸水素ナトリウム)ですが、実は入浴剤うや顔パックを作ったりすることができますよ!

重曹は安全性の高い素材なので、肌荒れなども起こる心配が少なく使えるのが魅力的ですよね

入浴剤(バスボム)の作り方

お風呂に入る時にバスボムを入れるとシュワシュワーっとしてリラックスできますよね

かといってバスボムって結構高いんですよね・・・

そんなバスボムも実は簡単に自分で作ることができますよ!

作り方は、重曹に水を少しと、好みのアロマオイルや食用色素を混ぜるだけ!

たったこれだけなのですごく簡単ですよね

既製品と全く同じ!というわけにはいきませんが、原料に重曹を使っているバスボムも実際に売っています

自分の好きなアロマオイルと色素をつければ、自分の好きな香りと色の入浴剤を作ることができますよ!

1kgの重曹で何十個も作れるので、いろんな香りや色で作ってみると毎日のお風呂がもっと楽しくなるかもしれませんね

一日の終わりにしっかりとリラックスしてまた明日1日頑張りたいですよね

香りが苦手な人も使える入浴剤

香り付きの入浴剤が苦手という人もいるとは思いますが、重曹をそのまま浴槽に入れるだけなら香りなしの入浴剤として使うことができます

重曹は市販の入浴剤にも使われていて、余分な皮脂や角質を落としてくれて、大衆予防にも効果的と言われています

肌に良いけど安いからといって入れすぎるとかえって肌荒れの可能性もあるので、入れすぎには注意してくださいね

重曹の顔パックの作り方

重曹には古い角質や、肌のザラつき、毛穴の黒ずみを取る効果があります!

重曹パックの作り方も非常に簡単です

重曹小さじ2に水を耳たぶ程度の硬さになるまで少しずつ加えるだけ!

このクリームを肌のザラつきや毛穴の気になる部分に伸ばして、10分ほど置いたらあとは洗い流すだけでいいんです!

市販のものに比べて重曹ならとても経済的に使えますよね

市販のパックと同じで毛穴が開いた状態のほうがより効果的になるので、蒸しタオルで温めたり、お風呂上がりなどにやるのが良いですね

洗顔に少し重曹をプラスすると効果アップ!?

洗顔をする時に重曹をひとつまみだけ加えて泡立てると、普段よりも泡立ちが良くなります

そうすることで洗顔料の節約にも繋がりますし、泡立ちがよくなるので洗浄効果もアップして良いこと尽くめですね

ただし、重曹には研磨効果があるので、直接肌に当てて使うことになる洗顔では、乾燥肌や敏感肌の人には合わない可能性もあるので、注意してくださいね

重曹にも種類がある!

何気なく売られている重曹にも実は3種類あります

  • 医薬用
  • 食品用
  • 工業用(掃除用)

値段は「工業用 < 食品用 < 医療用」というように、工業用が最も安く、医療用が最も高いという順になっていますが、基本的に使うのは食品用がおすすめです

食品用であれば、ペーキングパウダーの代わりとして使うこともできますし、もちろん掃除にも使うことができます

肌に直接触れる使い方を紹介したので、工業用よりも食品用を使うことが望ましいですね

私が以前購入した2kg重曹でも700円もしないくらいで購入できました

掃除・料理・美容にも使えますし、入浴剤として使うとゴリゴリ減っていくので、ちょっと大きめで買っても問題ないですよ!

重曹はいろんな使いみちがあって便利なので上手く使って節約したいですね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました