まだ現金払いしていませんか?増税後はキャッシュレスで支払わないと絶対に損をする!

節約

2019年10月から消費税が8%から10%に変更になりました

この10月から9ヶ月間の間だけキャッシュレスポイント還元推進事業というのが行われています

国の経済産業省が推進している事業で、消費者目線としてお得になることしかないので、ぜひ利用しましょう

確実に言えますが現金を未だにメインで使っている人は損していますよ!

経済産業省がキャッシュレスの推進する方針

日本で使われている決済の方法を2025年までに40%以上をキャッシュレス決済にしようとしています

また、来年のオリンピックに向けて外国人観光客が増えることが予想されます

その観光客向けに現金よりもキャッシュレス決済のほうが便利なので、キャッシュレスで支払うことが出来る仕組みを国を上げてサービスの向上を目指しています

国がキャッシュレスを推進するからこそ、近年のキャッシュレス決済(特にQRコード決済)が乱立している状態となっています

キャッシュレス決済の種類

キャッシュレスの方法は主に4つに分けられます

  1. クレジットカード(後払い)
  2. デビットカード(銀行と連動)
  3. 電子マネー(先払い)
  4. QRコード決済(先払いでも後払いでもOK)

このように特徴がいろいろありますが、この中でも便利なのはやはりQRコード決済でしょうか

スマホを持っているだけで財布を持ち歩く必要がなくなりますよね

キャッシュレス決済をメインにしていれば、現金を持っていなくても買い物ができるので、銀行から引き出したりするっていう手間や手数料などを避けることができます

とにかく便利になりますよね?

だからこそ国もキャッシュレスをどんどん推進しようとしています

キャッシュレスで支払うメリット

事業者目線でのメリット

私達消費者にとって、事業者としてのメリットはあまり関係ありませんが、それでも事業者目線を知っておくことでよりキャッシュレス決済を使おうと思うのではないでしょうか?

事業者目線で考えると以下のようなメリットがあります

  • 現金に関わるミスをなくなる
  • レジ締めなどでのかかっていた時間の短縮
  • 現金を輸送するコストがかからない

現金を使うことでかかっているコストが事業者にあるということは、その分キャッシュレスが浸透していけばそういったコストがかからない分、利益になったり、浮いた分のコストが消費者に還元されたりする可能性があります

消費者目線でのメリット

消費者目線で考えると以下のようなメリットがあります

  • とにかく便利
  • 現金で支払うよりもお得

この2つだけでも現金を使う理由がなくなりませんか?

10月からキャッシュレス推進事業ということで、以下のマークが付いているお店では2~5%のポイントが帰ってくることになります

消費税が2%あがったけれど、5%のポイントが返ってくるのであれば実質的に消費税が安くなっていますよね

それなのにわざわざ現金で支払う必要ありますか?

日本はキャッシュレス文化になるのに遅れている

アメリカでは以前からクレジットカードが非常に浸透しているので、外国人観光客からすると、「え?日本ではクレジットカードが使えない場所なんてあるの?」なんて思うこともあったり、むしろ現金をあまり見ないので、私達が旅行に行った時に現金の100ドル札を使おうものなら「偽札なんじゃないか?」みたいに疑われるようなくらいキャッシュレス文化が浸透しています

それくらい日本はキャッシュレス文化になるのに遅れていると言えます

現金で別に困ってないから無理に変える必要ないんじゃない?

現金でも便利だし別に困ってないから私は現金のままで行く!

という風に考える人ももちろんいると思いますが、私が思うにちょっと前のガラケー族と同じように見えます

「スマホ?なんかよくわからないし、ガラケーで困ってないから私はずっとガラケーでいい!」と言っていた人たちもスマホの便利さを知ってスマホのシェアがほとんどになっていますよね

それと同じでキャッシュレス決済は非常に便利なんです

現金で困らないからこのままでいい!と思っている人はまず一度使ってみてはいかがでしょうか?

生活が便利になって、キャッシュレス決済がないと困るようになるかもしれませんよ!

特に9ヶ月間はポイントが通常のポイントに加えて2~5%帰ってくるわけなので、使わなかったら損するわけですからね

個人的にオススメなキャッシュレス決済はペイペイです

キャッシュレス決済はPayPay(ペイペイ)を使うのがオススメ!その理由とは?
キャッシュレス決済の方法が時代とともにどんどん増えていっています クレジットカードや電子マネーに続き「Pay決済」...

コメント

タイトルとURLをコピーしました