使っていない銀行口座から手数料が取られる時代に?使わないものは解約しよう

節約

以前働いていた職場で指定された銀行口座で作ったはいいものの、辞めてから全く使わずに放置されている銀行口座って誰しもがもっているものではないでしょうか

しかし、この使っていない銀行口座は放っておいても今までは何の問題もありませんでしたが、今後は手数料が取られるような時代になっていきます

三菱UFJ銀行が2年間取引がない銀行口座について手数料を取ることを検討しています

今回はそんな銀行口座について調べてみました

使っていない口座から手数料を取られる時代

三菱UFJ銀行が2年間入金や出金などの取引がない口座について、年間1200円程度の手数料を取ることを検討しているというニュースがありました

口座にかかる手数料はメガバンクとしては初めてで、2020年の秋以降に新たに開設した口座が対象とのことです

ここでのポイントは今までに作った口座は対象にならないということです

しかし、将来的に今持っている口座に対しても手数料が導入されるようになる可能性は否定できません

使っていないけれど昔作ったから残ってる口座があるだけで手数料がかかってしまう時代になってしまうかもしれません

銀行口座にかかるコスト

昔は銀行は預金はとりあえず1,000円で良いので口座を作ってください!というような形で口座をたくさん作っていました

実は銀行口座の維持には通帳の印紙代、人件費、システム費用などをコストを計算すると1つの口座につき年間で2,000円~3,000円くらいかかってしまっているのだそうです

銀行自体も低金利が長引いて収益が下がっているようなので、なかなか年間で2,000~3,000円のコストは厳しいものがあるようです

そのため利用者に使っていない口座に手数料をかけることで、負担を軽減しようという思惑があるようです

今の時代としてはペイサービスの普及などにより銀行じゃない別の会社がお金にまつわるサービスを出していることで銀行業界も厳しくなっているのかもしれません

昔は口座さえ作ってもらえれば預金を集めて資金運用できたのでしょうが、口座を運用するための維持費がのしかかってきているというのが現状なのですね

私達利用者側としても、使っていない口座は解約することによって銀行にとって維持費を払わなくて良いというメリットが生まれます

多少面倒かもしれませんが、そういった口座が大量にあることによって銀行に余計なお金がかかっていることは事実なので、それらを取り除くことで銀行が潤い、利用者にとっても良いサービスが提供されていくようになるとお互いにメリットとなりますよね

銀行の店舗が近所にない場合でも解約できる

引っ越ししたから使っていない銀行の店舗がないという場合もありますよね

全国区のメガバンクの場合であれば、近くの支店に行くことで解約書類を講座がある銀行から取り寄せてもらって解約手続きをすることが出来ます

銀行によって必要な書類は変わってくるので、事前に電話やホームページなどで確認すると良いですよ

通帳や印鑑が無くても解約できる

銀行講座を作った時の印鑑を無くしてしまったり、通帳口座を無くしてしまった・・・なんて言う場合もあるかもしれません

そういった場合にも解約することはできるので大丈夫です

身分証明書や口座番号などといった本人であるということが特性することができれば解約することが出来ますので、それらのものを持参して銀行の窓口で手続きをすると良いです

休眠口座は時効で没収される?

2018年1月1日に施行された「休眠預金等活用法」では、取引していないまま10年間が経過してしまった銀行口座は、休眠口座として扱うことになり、その預金は国に没収され国のお金となることが決まっています

実際のところ数百円だけ入っている口座などで放置されたままの口座というのは世の中にたくさんあるのだと思いますが、そういったお金は公共事業の資金などにしたほうが世の中のためになるということなんでしょうか

これまでは施行前では眠口座は金融機関のものとなっていましたが、今後は10年を消滅時効として、休眠口座にある預金は国のお金になるようになったんですね

まとめ

使っていない銀行口座だからといって放置したままにしていると将来的な負担になる可能性が出てくる時代になりつつあります

また使っていない口座だからといっても犯罪に利用されるなどといったリスクもありますので、できるうちに銀行口座はちゃんと整理しておきましょう

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました