電力自由化で電力会社には様々な付加価値があって、実は賃貸物件でも選べる!

節約

2016年4月に行われた法律の改正により電力の小売が全面に自由化されたことによって、さまざまな業種の企業が電力の販売に参入できるようになりました

現在では自由化前よりも非常に多くのサービスがあるので、どれを選んで良いかわからないし面倒だから今のままでもいいかーという風になってしまいがちです

しかし電力会社によって電気料金は年間で結構な金額の差が生まれるので、面倒くさがらずにしっかりと選ぶようにしましょう

今回はその中でも安さだけではなく、電力会社によって様々な「付加価値」があるのでそれらをご紹介したいと思っています

賃貸のアパートやマンションでも電力会社は選べる

意外かもしれませんが電力は戸別ごとでの管理となるため、賃貸のアパートやマンションであっても電力会社は自由に選ぶことが出来ます

ちなみに電力契約を切り替える際には「スマートメーター」の設置が必要となりますが、住んでいるアパートにまだスマートメーターがついていない場合には、新しい電力会社と契約する際に取りつけることができます

スマートメーターの取付工賃などは原則として掛からないようですが、場合よっては掛かってしまう場合があるので、よく確認するようにしましょう

ただし賃貸マンションの場合には例外として、「高圧一括受電契約」というものをしている場合には戸別で電力会社を選ぶことが出来ません

高圧一括受電契約をしているマンションの場合にはマンションの共用部分の電気代が安くなるため、管理費用が安くなるというメリットもあるので選ぶことができなくても他の部分で得している場合がありますのでご安心ください

各電力サービスの様々な付加価値

東京ガス

東京「ガス」なのに電力を契約できるので違和感を感じるかもしれませんが、ガスと電気をセットで契約したほうが良い場合が多いです

というわけで東京ガスを契約されている方には東京ガスの電力サービスを契約することでセット割として電気代が割引されるようになります

ガス会社と電力会社は同じにすることでセット割が発生するのは東京ガスに限った話ではないので、自分のガス会社との兼ね合いも電力会社を選ぶ基準の一つにしましょう

ソフトバンクでんき

携帯電話でおなじみのソフトバンクは幅広く事業を展開していますが、電力にも手を伸ばしています

ソフトバンクまたはY!Mobileユーザーなら1回線につき100円/月割引になる「おうち割 でんきセット」というものがあるので通信料を安くできる可能性があります

家族でがソフトバンクやY!Mobileを使っているという場合には電気代を安くする事ができるのが良いですね

ENEOSでんき

ガソリンスタンドでおなじみのENEOSですが、電力契約を結ぶことが出来ます

ENEOSでんきでのメリットはENEOSカードで電気代を支払うことで、ガソリン代が割り引かれるので、車をよく使う人にとっては電気代とガソリン代をあわせて考えることによってお得になるサービスです

また、Tポイントも貯まるのでTポイントを普段よく使う人にとってもメリットと言えますね

J:COM電力

あまり聞き馴染みがないかもしれませんが、KDDIの連結子会社であるジュピターテレコムという会社の電力サービスです

ケーブルテレビなどの事業がメインのようですが、親会社がKDDIということで大きな後ろ盾はあります

J:COM電力にはテレビやネットの支払いをまとめることでの割引が最大で12,000円のセット割があることが特徴です

さらにJ:COMガスとのセット割にも対応しているのでテレビ・ネット・ガス・電力すべてがJ:COMで契約すればお得になる可能性が高いですよ

付加価値は置いといてとにかく安いのがいい!

本事業とセットで契約することで割引がかかることが多い電力自由化ですが、とにかく面倒だから電力だけで一番安いのが良い!という場合もありますよね

迷ったりした場合にはエネチェンジの電力比較で、自分にあった条件で比較してみると一番お得なものを選べる可能性があります

個人なのか法人なのか、地域や世帯数など様々な条件によって料金は変化するのでこういった比較サービスを利用することで大切です

電力会社を変更する際に注意するべきこと

基本的には工賃などもかからず手軽に電力会社を変更することが出来ますが、1点だけ注意したいことがあります

それは、「解約の条件を確認する」ことです

電力会社によって様々なのですが、契約期間中に解約すると違約金を支払わなければならない場合があります

今の電力会社の解約条件と、新しく契約する電力会社の解約条件の両方を確認してから電力会社の変更を行うようにしましょう

まとめ

・電力自由化によって様々な業種の会社が参入している

・各社様々な付加価値があるが、自分が普段利用している企業と契約することでセット割でお得になる場合が多い

・迷ったらエネチェンジの電力比較を利用する

・解約には条件がある場合があるのでしっかり確認すること

コメント

タイトルとURLをコピーしました