【FP資格勉強】FPってなに?どんな倫理観で仕事をするのか

FPの資格

今回はFPってまずなんなの?ということからどういう倫理観で仕事に従事するべきなのかということをです

FPとは?

FPという言葉には「ファイナンシャル・プランナー」と「ファイナンシャル・プランニング」の2つの意味があります

ファイナンシャル「financial」財政の、財務の、財界の、金融の

プランニング「planning」計画、企画立案、設計

プランナー「planner」立案者、計画者、企画係、設計者

金融の設計・計画をする人という仕事になります

ファイナンシャルプランナーは人のお金をプランニングするため、社会的に責任がある仕事であり、高い倫理観を持って業務に当たる必要があります

顧客利益の優先

お客様の立場に立って、お客様の利益を最優先して、FP(自分)の利益を優先してはいけません

守秘義務の厳守

他の専門家に相談する場合といったFPの業務をするにあたって必要であり、なおかつお客様の了承を得ている場合以外は、お客様の同意なく業務上知り得た情報を第三者に漏らしてはいけません

当然といえば当然ですが、個人情報を守ってお客様のために仕事をするこということがFPという仕事をするにあたって必要な倫理観と言えますね

FPに関連する法律

FP業務には資格を持った専門家しか行うことができない仕事もありますので、どういった業務をしてはいけないのか理解する必要があります

税理士法

税理士の資格を持たない場合、有償でも無償でもお客様の変わりに税務署類の作成や税務相談をしてはいけない

弁護士法

弁護士資格を持たない場合は法律に関する具体的な判断をしてはいけないが、遺言作成の証人になったり、任意後見契約の任意後見人になることはできる

金融商品取引法

金融商品取引業者でない人は、投資顧問契約に基づく助言や投資一任契約に関わる業務はできない

金融商品取引業を行う場合には内閣総理大臣の登録を受ける必要がある

保険業法

保険募集人の資格を持たない場合は、保険商品の販売や勧誘をしてはいけないが、保険商品の特徴を説明したり、必要保障額の試算はできる

著作権法

著作者の承諾なしに著作物をしようしてはいけないが、法令、条例、通達、判例、国や地方公共団体が発行している広報資料などは著作権がないので使用しても問題ない

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました