【FP資格勉強】FPの主な業務とライフプランについて

FPの資格

FPの業務は大きく分けると6つの仕事に分けることができます

お客様との関係をつくる

お客様と意思疎通することが大切で、お互いの考え方をしっかりと共有します

お金のことが関わってくるのでやはり信頼できる人に任せたいと思うのが当然ですよね

お客様のデータの収集と目標を決める

お客様の金融的な目標がどういったものなのか、現実的に可能な範囲なのかという部分をしっかり見極める必要があります

将来の設計をするためにお客様の収支や資産、負積、性格や価値観といった情報を集めた上で目標を決めて行きます

その人によって違うので情報を集めて、その人にあったファイナンシャル・プランニングをすることが大切です

ファイナンス状態の分析と評価をする

キャッシュフロー表や個人バランスシートというものを作成することによって、お客様のファイナンス状態を分析して、お客様の状態を分析していきます

ライフプランを作成して提示する

お客様のライフプランに基づいて、実行できるかどうかを検討します

場合によってはお客様へのヒアリングによってライフプランの作成を行います

ライフプランの実行を助ける

ライフプランを実行していくにあたってアドバイスを行い、お客様のライフプランが達成できるように援助していきます

ライフプランを定期的に見直す

お客様の環境は場合によって変化しますので、職業などの変化に合わせてその都度ライフプランを見直すことが重要です

ライフプランとは?

ライフプランとは将来の生活や環境の変化を予測した上で作成する生涯の生活設計のことです

ライフプランを立てることによって、人生の中で必要になってくる費用を予め明確化することができるので、貯蓄しなければならない金額がどれくらいなのかわかるため、貯蓄目標が立てられるようになります

ライフイベント表

本人の状況だけではなく、家族の状況も含めて計画を立てますが、これをライフイベント表といいます

たとえば子供の高校入学や大学入試はお金がかかりますよね

また、車の購入や家族旅行といった高額な支出も予め計画しておくことができるようになりますので、計画的にお金を使うことができるので無駄遣いも減るようになりますね

キャッシュフロー表

キャッシュフロー表というのは、ライフイベント表や現在の収入、支出や金融資産残高をもとにして、将来の収入や支出の状況、金融資産残高を予想してまとめたものです

  • 年間収入
  • 年間支出
  • 年間収支
  • 金融資産残高

以上の4つが必須項目となるので、覚えておく必要がありますね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました