【FP資格勉強】労災保険の内容について

FPの資格

労災保険

労働者災害補償保険を略して労災保険と呼びます

業務上または通勤による負傷、疾病、障害、それに伴った介護、死亡に対して保険給付される制度です

政府が保険者となって運営されており、都道府県労働局・労働基準監督署が窓口になっています

1人でも労働者を使用する事業所は強制的に加入が義務付けられていて、アルバイトやパート、外国人を含むすべての労働者が対象です

中小事業主や自営業者、海外派遣などは労災保険の適応は受けませんが、特別加入制度というものがあり、申請によって任意加入することも出来ます

また、保険料は全額事業主が負担するものになりますが、労災保険料率は業種によって異なります

給付の内容

療養保険給付

負傷または疾病の場合に、労災指定病院などで必要な治療が受けられます

療養保険給付では自己負担がないですが、療養給付の場合は労働者の一部負担金があります

休業補償給付

負傷または疾病により働けずに、賃金を受けられない場合に休業4日目から1日につき給付基礎日額の60%相当額が支給されます

傷病補償年金

負傷または疾病が1年6ヶ月経過しても治らず、一定の疾病等級に該当する場合に支給されます

障害補償給付

負傷または疾病が治癒したが、一定の障害が残り、その障害の程度が一定の障害等級に該当する場合に支給されます

遺族補償給付

労働者が死亡した場合に、生計を維持している関係にあった遺族に年金または一時金が支給されます

配偶者、子、父母、孫、祖父母、兄弟姉妹の順に受給の優先順位が決められていて、先順位の人が権利を失った場合、次の順位の人に受給権が移ります

年金の支給額は、受給権者と生計を同じくする受給資格者数に応じて異なります

葬祭料

死亡した場合、葬祭を行うものに葬祭料が支給されます

療養保険給付と療養給付

業務災害の場合は療養保険給付、通勤災害の場合は療養給付となり、業務中か通勤中かによって異なります

通勤災害と認められるには、通勤と負傷・疾病などとの因果関係が必要なるので、合理的な経路や方法を使っていたのかや、経路からの逸脱していなかったどうかなどが問われます

通勤途中で合理的な経路を逸脱・中断して私的な行動をしていた場合や、逸脱・中断した後の経路で起こった怪我などは原則として通勤災害として認められないので注意が必要です

しかし、日常生活上必要な行為を行う場合には、経路を逸脱・中断している間は通勤として認められませんが、普段どおりの経路に戻った時点から認められます

日常生活上必要な行為というのは、スーパーなどで食料品や日用品を買ったり、病院で治療を受けるような場合を指します

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました