【FP資格勉強】成年後見制度について

FPの資格

成年後見制度とは

成年後見制度とは認知症や知的障害などのために判断能力が不十分な人が不利益をこうむらないようにする制度です

法定後見制度と任意後見制度の2つがあります

法定後見制度

支援する人が支援される人に変わって契約の取り消しなどを行います

法定後見制度には以下の3つのパターンがあります

支援する人の
呼び方
支援される人の
呼び方
支援される人の状態
後見類型成年後見人被後見人重度の精神障害等により判断能力を欠いている
保佐類型保佐人被保佐人重度の精神障害等により判断能力が著しく不十分
補助類型補助人被補助人軽度の精神障害等により判断能力が不十分

任意後見制度

十分な判断能力がある間に本人が自分自身の後見人を決めておいて、自分の判断能力が不十分になったらその人に援助してもらう制度です

あらかじめ公正証書というもので契約します

任意後見人には資格制限がないため、複数の個人・法人でも可能です

本人の判断能力が不十分になった場合に、家庭裁判所が後見人のしごとをチェックするための任意後見監督人を選任してから、後見人の職務が行えるようになります

成年後見登記制度

後見人等の権限や法定及び任意後見人の内容などを登記したものを東京法務局がまとめて管理する登録制度です

成年後見人が本人に変わって財産の売買などをする時、取引相手に登記事項の証明書を見せてその権限を確認してもらうことがあります

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました