【FP資格勉強】公的年金制度について

FPの資格

日本の公的年金は、国民皆年金であり、日本国内に住所を有する20歳以上60歳未満の人は原則として全員が何らかの公的年金制度の対象になっています

すべての公的年金加入者には「基礎年金番号」が付番されています

公的年金の被保険者などや受給者一人に付き1つの番号が割り当てられています

日本の年金の構造は、国民年金(基礎年金)を基礎として、会社員などは厚生年金保険が上乗せされます

企業によっては企業年金を用意した3つの年金という場合もあります

公的年金制度と年金給付の種類

公的年金制度には「国民年金」と「厚生年金保険」があります

国民年金は全国民共通で、20歳以上60歳未満のすべての人が加入しています

厚生年金保険は民間の会社員や公務員などが加入しています

また、公的年金の給付には老齢給付、障害給付、遺族給付の3種類があります

国民年金の被保険者

国内に住所を有する20歳以上60歳未満の人はすべて国民年金に加入しなければなりません

対象者によって3つの種別に分かれています

第1号被保険者は20歳以上60歳未満の自営業者、その配偶者、学生などです

第2号被保険者は65歳未満の厚生年金の被保険者など、被用者年金の加入者です

第3号被保険者は第2被保険者の被扶養配偶者で20歳以上60歳未満の人です

厚生年金保険の適用事業所

強制適用事業所と任意適用事業所があります

強制適用事業所では事業主のみの場合を含む法人の事業所、従業員5人以上の個人事業所の場合です

任意適用事業所とは強制適用事業所ではない事業所で、事業主が従業員の1/2以上の同意を得た上で厚生労働大臣に認可を受けた適用事業所です

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました