【FP資格勉強】公的年金制度の任意加入制度について

FPの資格

任意加入被保険者

公的年金制度には任意加入被保険者という、一定の条件に該当する人は加入が義務付けられていないが、希望した場合に65歳になるまで国民年金に任意加入することが出来る制度もあります

  • 老齢基礎年金の受給資格のない人
  • 老齢基礎年金の受給資格があるが、年金額を増やしたい人
  • 日本国籍があっても日本に住所がない人

特例任意加入

昭和40年4月1日以前に産まれていて、65歳に達しても老齢基礎年金の受給資格期間が不足しているが、65歳から70歳に達するまでの間に受給資格期間を充足する人は、70歳になるまで国民年金に任意加入することが出来ます

種別変更

就職や退職、転職、結婚などによって国民年金の種別が変わった場合には届け出をする必要があります

結婚などで第2号被保険者から第3号被保険者に種別が変更になる場合には扶養する人の勤務先または健康保険組合を経由して、管轄している年金事務所へ第3号被保険者の種別変更の届け出をする必要があります

なお、平成17年4月以降では、第3号被保険者としての未届期間をを届け出ればすべて保険料納付済期間にさんにゅうされるようになりました

すでに年金を受け取っている人でも対象になります

年金額の改定

公的年金の金額は毎年4月に改定されます

基本的に前年の物価変動や賃金の変動に応じて行われますが、マクロ経済スライドにより、賃金や物価の上昇率よりも年金額の上昇率は低く抑えられています

マクロ経済スライドとは、公的年金の被保険者の減少や平均寿命の伸びに基づいて年金の給付水準を自動的に調整する仕組みのことです

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました