給湯器の電源はつけっぱなしとちゃんと消すのはどっちが正解?

節約

ガス給湯器はガスだけではなく電気も使って動いているため、電気代もかかってきます

夏はお湯を使う頻度が少ないのであまり気にしていないかもしれませんが、給湯器の電源はちゃんと消したほうが良いのか、それともつけっぱなしでもそんなに変わらないのか・・気にしたことはありますか?

結論から言うとお湯を使い終わったらその都度消すのが正解です!

ガス給湯器の仕組み

ガス給湯器なのに電気代がかかるというのはなぜなんでしょうか?

それは、パネルを表示させる電気もありますが、主にはセンサー類の電気代がかかります

蛇口からお湯を出そうとすると、給湯器の水量センサーが反応して、ガスが着火しますし、温度センサーによって設定している温度になるようにお湯の温度を調整しているのです

なので、ガスが使われるのは水を温めてお湯にする時だけなんですね

ガス代はつけっぱなしにしていても変わらない?

給湯器の電源をずっとオンにしていても、水を温めてお湯にする時以外はガスを使わないので、ガス代はかわりません

それは使っていないときにはガスの種火が消える仕組みの製品が主流だからです

使っていないときには自動的に種火がきえているので、ガスが消費されることはないということになります

ガス代の差という部分であれば給湯器の電源をつけっぱなしにしていても、していなくても影響はあまりないと言えます

電気代はどれくらい変わるの?

ガス代があまり変わらないということなら電気代はどれくらい安くなるのか?ということが大事ですよね

ガス給湯器を使っていない間でも待機電力を消費しています

平成24年の調査ではオンモードの時には平均7.97W、オフモードでは平均6.03Wの電力を消費するという発表がありました

年間でどれくらいの差があるのかというと300円程度です

ということは電気代の節約としては、よほど徹底するわけでなければあまり気にすることはないということですよね

しかし、火災などの事故・トラブルを防ぐためにも電源を切ることは大切です

実はガス代にも影響があるかも!?

正しく使っていればガス代に影響はありませんが、実は給湯器がついたままだと実は結構な金額のガス代を使ってしまっている可能性があります

それは、食器洗いの際などにお湯を使っていると結構な金額になります

我が家ではガスを開通させた際に、ガス会社の人に「給湯器の電源はそんなに節約にならないから切らなくても良いですよー」と言われていたので、頻繁に消していませんでした

蛇口のお湯と水の設定(レバーで左右に振るタイプ)もあまり気にせずお湯と水の中間くらいで使っていました

ところがガス代の使用額が平均よりも高かったので物は試しということで、給湯器の電源をちゃんと消してみたところ、月あたり2,000~3,000円くらいの差が出てきました

実は食器洗いの際や、ちょっと水を飲む際にお湯が少しでも出るように設定されていると、ガスの着火を何度も行ってしまい、ガス代が高くなってしまうんですね

冬は寒いのでお湯を使って洗いたいので仕方ないという部分もありますが、冬以外の季節はちゃんと給湯器の電源を切るだけでも結構なガス代の節約に繋がる場合があります

まとめ

・ガス給湯器には電気代もかかっている

・ちゃんと消しても年間節約額は300円程度

・お湯などを頻繁に使ってしまうとガス代が結構変わってしまう

ガス代がちょっと高いかな?と思っている方は是非一度給湯器の電源を切るようにしてみてはいかがでしょうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました