冬につらい冷え性はなぜ起こるの?冷え性の原因とは?

節約

寒さが厳しくなってくると困るのが冷え性ですよね

かくいう私も冷え性に悩まされているタイプなので、今回は冷え性がなぜ起きるのかということについてまとめてみましたので、参考にしてみてください

冷え性とは

そもそも冷え性とは手先や足先が冷たくなって冷えているような感覚が常に自覚される状態のことを指します

つまり実際に冷えていなくても冷えているような感覚がずっとあるという状態が冷え性という言葉の意味になりますが、病態として統一的な定義は確立していないんので、西洋医学的には漠然とした概念の症状とされています

冷え性の原因

冬など寒くなっている気温下において手先が足先が寒くなることは当然のことなのですが、冷え性の人は手足の先端が通常よりもかなり暖まりにくいため、常にずっと冷えているような感覚を持ちます

夏でも体が冷えていたり、冷たいと感じている症状も同じ冷え性と言えますので、冬に限った話はありません

体の中から冷えてしまっているため、多少体を動かしたところでなかなか温まってくれないのが問題となります

そこで冷え性の原因なのですが、様々な原因によって冷えを感じてしまいます

自律神経の乱れ

ストレスや生活リズムの乱れによって、体温調節の命令をだす自律神経がうまく機能していない際に冷え症になると言われています

室内の空調がガンガンに効いているような場合にも室内と外の温度差が大きくなるため自律神経の機能が乱れてしまい、夏でも冷え性になってしまうのです

皮膚感覚の乱れ

サイズの小さい下着や靴といった必要以上に体を締め付けてしまうと血行が滞ってしまい、寒いと感じる皮膚の感覚が麻痺してしまう場合もあります

そうなってしまうと体温調節をするための信号がうまく伝わらず、本当は寒いのに体を温めようとしないために体が冷えたままになってしまいます

血液循環の悪化

貧血や低血圧といった血管に疾患のある人は血流が滞りがちになってしまいます

血液の流れが滞ってしまうと当然体温もうまく調整することができなくなってしまうため冷え性になってしまいます

筋肉量が少ない

女性に特に多いですが、筋肉量が少ないために筋肉が動くことで発生する熱や血流量が少ないことも原因の一つです

近年では運動不足とわかっていながらも運動をしていない場合も多く見られますよね

運動不足の人は筋肉量が必然的に少ない傾向にあるので、冷えやすくなってしまい冷え性の人が多くなります

ホルモンの乱れ

ストレスが多かったり、更年期になったりすると、ホルモンの分泌が乱れてしまい、その結果血行が悪化してしまい冷え性になってしまう場合もあります

とにかく血流を良くすること!

冷えの原因は血液が全身を元気に巡り巡っていないことが原因となっている場合が多いです

原因がわかれば自分に当てはまる要素を改善することで冷え性が治る可能性は大いにありますので、今回の冷え性という症状は血液の流れが良くなれば冷え性もある程度は改善されるはずですよね

運動不足の人はしっかりと運動を行い、ストレスが溜まっているなーと感じる人はストレス解消をしっかり行うことで、冷えから開放される可能性が大きく上がります

体が冷えた状態だとあたたまるのもなかなか難しいので、しっかりと暖かい格好をして寒さを凌ぐということも大切な要素の一つですね!

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました