チラシの特売品よりも狙うべき「見切り品」

節約

新聞の折込チラシにスーパーやドラッグストアの特売品が載っていることがあると思います

お店がオススメしている特売品よりも積極的に狙うべき商品があります

特売品ではなく見切り品を狙う

これは賞味期限が近いなどの理由から、通常の販売価格よりも非常に安い値段で販売されています

見切り品と言うと聞こえはあんまり良くないですが、お店も賞味期限が過ぎてしまえば廃棄するしか無いため、廃棄してしまって売上が0になるよりも値段を安くして売れたほうが売上につながるので、気兼ねなくドンドン購入しましょう

お店の売り場の端の方に見切り品コーナーが設置されていることが多いです

10%~50%OFFくらいになっていることが一般的だと思いますが、50%OFFであれば特売品を買うよりも更に安く買うことができるため、節約するにはもってこいなのです

特売品で安い!と思った後に見切り品で更に安く売られている場合もありますので、お店に入ったらまず見切り品コーナーを見るのがオススメです

野菜やお肉、お魚だけでなく日配品や日用品、お菓子に至るまで殆どの商品が値下げされている可能性があります

見切り品を狙うためにはどうすれば良い?

お店の営業時間が影響しますが、閉店時間の2~3時間前くらいが目安になります

9:00~20:00のスーパーであれば一般的に18:00頃から見切りシールを貼る事が多いと思います

これは店舗によって違うため、自分がよく使うお店の傾向を調べる必要がありますので、まずは18:00くらいにスーパーに行ける機会があれば行ってみると良いです

見切り品は段階的に値下げする事が多い

お店側もできるだけ在庫は売り上げたいものの、いきなり半額にすると赤字になってしまうためなのか、少しずつ値下げする場合が多いです

私の家の近くのお店では賞味期限の前日から10%OFFにした後、賞味期限当日の閉店時間の4時間前に20%OFF、2時間前に50%OFFと段階を踏んで値下げする場合もあります

店舗によっては最大で30%OFFまで、50%OFFまでといったようにお店毎に傾向が違うため、そのお店が半額までやってくれるお店かどうかを知っておくと、夜に買い出しする場合には非常に役に立ちます

冷凍できるものを買い溜めするのがオススメ

特にオススメするのはお肉です

もともと賞味期限が2日程度でしか設定されていないため、2~3日毎に買い出しに行く必要が出てきますが冷凍しておけば2週間位は平気ですので、買い物に行く回数そのものを減らすことが出来ますので楽ちんです

せっかく半額で購入しても食べ切れなければ捨ててしまうことになってしまえば、お金を捨てていることとおなじになってします

なので買ってきた見切り品はその日に使わないのであれば冷凍しましょう

お肉やお魚の見切り品の場合、賞味期限が当日になっていると思いますので、冷凍すれば1週間~2週間は余裕で大丈夫です(我が家では1ヶ月位経っても気にせず食べてます)

見切り品で半額で買えるし、冷凍できるからと言って買いすぎると今度は冷凍庫に入り切らない・・・なんてこともありますので、自宅の冷凍庫の空きを考えて購入するようにしましょう

コメント

タイトルとURLをコピーしました