牛乳パックを使ったリサイクル品の便利な小技

節約

飲み終えて殻になった牛乳パックは、いろんな使いみちがあるので実は優秀な節約アイテムなんです

牛乳パックって使い終わったら洗って開いてリサイクルに出す…というのももちろん良いですが、ちょっと変わった使い方をすることで整理整頓や、家事の手助けをしてくれるものに早変わりしますよ!

まな板や揚げ物バットの代わりとして使う

中身のなくなった牛乳パックを洗ってから、開いて乾かしておくと1枚のちょっと硬い板として使うことができます

使い捨てのまな板の代わりとして使うことができるので、肉や魚などの汚れやすかったり匂いが付きやすいものを調理する際に便利なアイテムになります

汚れがひどくても使い捨てとして使うことが出来るので、洗う手間も省けるしまな板に嫌なニオイがつくこともありません

また、牛乳パックの内側には水分を弾くポリエチレンのコート紙がはられているのですが、コート紙を剥がすことで油を吸うことが出来るようになります

これを利用すると揚げ物を揚げたあとのバットの代わりとして使うことが出来るので結構便利ですよ!

揚げ物バットは結構油がついていて洗うのが大変だったりしますが、使い捨てにできる牛乳パックならそのまま捨てることが出来るので、油物の洗い物を1個減らせるというだけでも結構気持ち的に楽になります

整理整頓のための仕切りアイテムとして使う

牛乳パックはプラスチックほどではないにしろ結構な硬さを持っているので、家の中にある様々なものの収納アイテムとして使うことができます

冷蔵庫の野菜室の高さにもよりますが、だいたい半分くらいの高さで来ることで、人参やきゅうりといった縦に長い野菜の収納に使えます

細長い野菜は縦向きに置いておいたほうが長持ちすることが多いので、寝かせて保存するよりもこういったアイテムを使って縦向きに保存したほうが良いです

牛乳パックならお金も掛からないので一石二鳥ですよね

また、チューブ調味料を入れるためのボックスとして使うこともできますし、冷蔵庫の中をスッキリとキレイにすることができます

もし中身がこぼれてしまったりしていても牛乳パックなら替えがきくのでいつでも新しいものに変えることが出来るので便利です

タンスの高さに合うように切ることで、服の整理整頓にも一役買って出ます

下着や靴下などの小さいものは牛乳パックのサイズでも十分なので、牛乳パックでの収納もタンスの中がキレイになりますよ

 

普段捨てているものでも少し目線を変えてみると使いみちが見つかったりして面白いですよー

かと言って捨てなきゃいけないものを抱え込んでいても邪魔になってしまうので、いるものといらないものはしっかり分けたいですね

コメント

タイトルとURLをコピーしました