500円玉貯金って実際どうなの?1年間で溜まった金額を公開!

節約

貯金の方法の中で手軽にできるものと言えば500円玉貯金ではないでしょうか?

結構やっている人もいると思いますが、実際貯金箱が溜まりきるまでやるのって結構な根気ですよね

そんな中、別に特段やる気はなかったものの、1年ほど前に貯金箱が手に入ったのでやり始めた私

気がついたら中身が一杯になったので大公開しようと思います!

今回使った貯金箱は「ミミック」

私は結構ゲームが好きでやったりすることが多いのですが、

ドラゴンクエストシリーズはだいたい全部やっています

そのドラクエのキャラグッズっていろいろありますよね

今回はドラクエの「ミミック」が貯金箱になっているグッズが手に入ったので、せっかくなので500円玉貯金をしようと思い立ちました

500円玉をいれるとこんな風に眼が光るギミックがあります

眼が光るだけで音が鳴ったりとかそういうのはないです

ちなみに光るのも一瞬なので、あまり大したギミックではないのが残念

中身はこれくらい詰まった状態です

もう500円玉が本格的に入らなくなったので、中身を確認してみたいと思います

貯金箱の中身は!?

全部出してみるとこれくらいの山になりました

パッと見て100枚以上はありそうなので、5万円以上は溜まっていそうな感じですね

わかりにくいので10枚1山として数えていきます

10枚の山が10個あるので100枚は確認できました

100枚数え終わってもまだ少し残っていますね

とはいえもう100枚は無さそうなので10万円分はなさそうです

結果・・・

10枚の山が17個、プラスで6枚なので、176枚の500円玉が溜まっていました

176枚x500円なので

合計88,000円

正直10万円は溜まっていてほしかったですが、それでも十分な金額ですね

88,000円あれば旅行に行けるような金額ですし、ちょっと行ってもいいかなーなんて思ったりもします

私は電子マネーやクレジットカードを使うことも結構多いのでこれでも少ないほうだと思います

現金のみでやり取りをする人なら私の2倍位はもしかしたら貯まるかもしれませんよ!

500円玉貯金のやり方

500円玉のやり方と言っても財布の中にある500円玉をただ貯金箱に入れていくだけなので、難しくはありません

ただ、普通にやっていては貯金箱に溜まりきるまでにものすごく時間がかかります

そこで必要になるのが意図的に500円玉を用意して、なおかつ使わないということです

例えば、400円の買い物をした時に、500円玉を持っていたら500円玉で支払うとします

するとお釣りは100円玉が1枚で、500円玉が無くなってしまいます

なので、500円玉があっても、あえて1000円札で支払うことで600円(100円玉1枚と500円玉1枚)のお釣りをもらうようにします

600円の買い物をした場合には、1100円で支払うことで、500円玉のお釣りをもらうようにします

そうすることで意図的に500円玉を用意することが出来ます

家に帰ってきたら、あとは500円玉を貯金箱に入れておけばよいのです

たまーに978円とかの買い物でも財布の中に小銭があれば、1478円で支払ったりして500円玉に変えていたりしましたね

小銭が減るように計算して支払いをするようにすると、財布も軽くなってオススメです

あと、学生時代と違って計算をする機会が減ってきています

こういう細かいところで計算をする癖を付けておくと、計算しなきゃいけないときにパパッと計算できるので良いですよ!

もしかしたら入っているかも?稀少価値のある500円玉

世の中には同じ500円玉でも500円以上の価値がある500円玉が存在します

それは製造枚数の少ない年に作られた500円玉です

世の中にはコレクターがそういった硬貨や紙幣を欲しがるみたいなんですね

500円玉で希少価値が高いのは

  • 昭和62年
  • 昭和64年

この2つの年に作られた500円玉は製造枚数が少ないので、通常の500円玉より価値があります

昭和62年は特に製造枚数が少ないので、もし見つけたらラッキーですよ!

500円玉は平成12年以降でデザインが変わっているので、希少価値が高いとされる500円玉は旧500円玉なので、わりとすぐに選別作業ができるので、見ておくと良いですよ!

令和元年の硬貨もいずれは価値が出る?

令和元年の硬貨は製造できる期間が短いため、他の年と比べて製造枚数が減る可能性が非常に高いのでは?と思って調べてみました

財務省は貨幣の製造枚数を発表しています

平成31年と令和元年の製造枚数を見比べてみると、そんなに変わらないようですね

平成31年も短いのでは?と思って平成30年のものとも見比べてみましたが、やはり変わりませんでした

ただし記念貨幣の流通があるため可能性は捨てきれない

2019年と2020年には以下の記念通貨が発行されます

  • 天皇陛下御即位記念貨幣
  • 2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会記念貨幣

記念貨幣はコレクター以外の人でも記念に持っておきたいものです

つまり需要が非常に高いため、いずれは価値の出るものの可能性が高いですよね

実際に過去の記念貨幣は実際の金額よりも値段が上がっています

とはいえやっぱり記念に持っておきたい気持ちのほうが大きい気がしますし、価値が上がるのはもっと年数が経ってからなので、あまり意味はないかもしれません

まとめ

・500円玉貯金は意識的に行うことで1年で10万円近くの貯金に!

・旧500円玉には希少価値が高いものが紛れている可能性が!

コメント

タイトルとURLをコピーしました