消費税が増税!軽減税率が適応されないからこそ増税前に買っておきたい商品

節約

2019年10月に消費税が8%から10%に増税されます!

10%になるに合わせて「軽減税率」という制度も導入されますが、みなさんは何が軽減税率が適応されて、何が適応されないのかちゃんと把握していますか?

難しいことは抜きにして、単純に普段の生活をする上で増税前に買っておきたいものを紹介していこうと思います

軽減税率ってなに?

難しい話になるとよくわからなくなってきますよね?

ざっくり説明すると、一定の品目の商品に関しては、消費税が安く買えるから、所得の少ない人に負担が少ないよ!っていう制度です

10月に消費税は10%にあがるけど、国が決めたある種類のカテゴリの商品は8%のままでいいよ!っていうことです

じゃあその種類はなにがあるの?っていうのが

飲食料品新聞です

逆にいえば、この軽減税率が適応される飲食料品と新聞に関しては、急いで買いだめする必要がないんですね

増税したところで軽減税率が適応されて変わらないってことですからね!

では、ここでいう飲食料品と新聞を、国税庁の資料を参考に引用してみます

飲食料品…飲食料品とは、食品表示法に規定する食品(酒類を除きます。)をいい、一定の要件を満たす一体資産を含みます。外食やケータリング等は、軽減税率の対象品目には含まれません。
※ 食品表示法に規定する「食品」とは、全ての飲食物をいい、人の飲用または食用に供されるものです。また、「食品」には、「医薬品」、「医薬部外品」及び「再生医療等製品」が含まれず、食品衛生法に規定する「添加物」が含まれます。

新聞…軽減税率の対象となる新聞とは、一定の題号を用い、政治、経済、社会、文化等に関する一般社会的事実を記載する週2回以上発行されるもので、定期購読契約に基づくものを言います。

出典:よくわかる消費税軽減税率制度

うん、なんかちょっとよくわからない気がしますよね

ざっくりまとめると、

スーパーとかで買う食料品や、家に届く定期購読してる新聞は8%

レストランで食べる食料品やコンビニで買う新聞は10%

ってことですね

なんで新聞は8%なのか意味がわからないけれど、大人の事情なんでしょうね

所得の少ない人向けなら日用品も軽減税率にしてほしいよねっていうのが本音ではあります

増税前に絶対買っておきたいのは日用品

ということで、増税前に買っておくべきものとは・・・日用品です

それはなぜかというと、消費期限が長いということに尽きます

例えばトイレットペーパーやティッシュペーパー

1年経っても普通に使えますよね?

でも普通に使っていればどんどん無くなっていく生活必需品です

そういった使わなきゃいけない期限が特にないけれど、今後の生活に置いて絶対に必要になるものは増税前に買っておきたいですね

最近のは省スペースで○倍巻き!なんていうのもありますからね

その分値段が高かったら買いだめする意味ないので注意は必要ですよ!

使用期限が長いものはある程度買いだめしておこう

化粧品なんかも結構使用期限が長いんですよね

化粧品の使用期限については別記事で詳しく説明していますのでこちらをご覧ください

化粧品にも使用期限がある!少しでも長く使うための正しい保存方法

結論から言えば化粧品は未開封であればだいたい3年以上は持つ商品です

化粧水や乳液なんかは長く見積もって半年で1本使うとしても5~6本くらいなら使用期限が来る前に使い切ることが出来るってことなんですよね

大量に買いだめする際に気をつけたいこと

買いだめしたのは良いけれど、埃を大量にかぶってしまっていたらあまり使いたくなくなったりしますよね

また、いくら未開封品とはいえ直射日光にあたったり、高温にさらされたりするとトイレットペーパーなども劣化してしまいます

基本的には、直射日光が当たらない、湿気がこもらない、適温、これらを守っていればよほど劣化することはないと思われます

また、増税する前の今のうちに買っておくべきだ!と思ってなんでもかんでも大量に買ってしまうと場所を取ってしまって邪魔になってしまう可能性が高いです

ある程度は保存場所等を考えて購入するようにしたいですね

まとめ

・食料品は増税しても今のままだから焦ることはない

・日用品や化粧品などは今のうちに買っておくのが良い

・買いだめすることになるので、保存状態は適正に!

コメント

タイトルとURLをコピーしました