ゆるく節約する時は息抜きに贅沢をしよう

節約

節約を意識して生活していると、贅沢することが悪いことだと思いがちです

ですが我慢すれば我慢するほどつらい思いをするのも事実です

たまには息抜きをして張り詰めた気持ちをリフレッシュするようにしましょう

自分へのご褒美を作る

節約で毎日頑張っているなら、自分で節約できた金額に合わせてご褒美を作りましょう

自分へのご褒美があれば、節約も頑張ろうと思えるはずです

がむしゃらに節約をするよりも、こういった息抜きがあったほうが続くのでおすすめですよ

ご褒美と言っても難しく考える必要はありません

新しく始めた節約があればご褒美をつくる

例えば毎日食べていたお菓子を週2回に減らすという節約を始めたとします

その場合は週1回は普段よりちょっとだけ良いものを買ってご褒美感を出す

アイスを基本的には箱入りで買ったものにするけど、たまにはハーゲンダッツも食べるといった感じです

このようにささやかな幸せを増やしていきましょう

お菓子は毎日食べると太りますし、身体にもよくありません

量を減らして質を少しだけあげるといったようにすると、ちょっとだけ頑張ろうって思えるはずです

月に1回くらいはちょっとした贅沢を

月に1回くらいの頻度で少し贅沢をするようにすると節約を頑張ろうと思えます

給料日にちょっと良いものを買ったりとか、映画館で映画を見て楽しんだりするようにしましょう

月に1回の贅沢しても良い日を作ると、またその日に向かって節約を頑張ろう!ってなります

ただし贅沢しても良いと言っても限度はありますので、ほどほどのいつもよりワンランク上くらいの贅沢にしましょう

自分へのご褒美も節約して安くする

自分へのご褒美についてもお金を使うことには変わりありません

ご褒美の質は高くても、いつもより値段が低くなるように節約してご褒美を作りましょう

例えば、「映画館で映画を見る」というものであれば、レイトショーやレディースデーなどの安くなっている時を狙って映画を見に行くようにしましょう

物を買ったり外食で美味しいものを食べると言う場合であれば、クーポンを使ったり、セール時を狙うなどしてできるだけ安くご褒美を準備できるようにしましょう

自分の好きなものでも出来るだけ節約できることはないか頑張ってみましょう

そうすることで自分へのご褒美に対しても節約ができます

自分の好きなことにかかるお金が減れば、自分の好きなことがたくさんできるようになります

楽しいことがたくさん起きるので、生活の質が少し上がるのでオススメです

まとめ

・自分へのご褒美を作って張り詰めない節約を続ける

・自分へのご褒美にもできるだけお金をかけないで済むように節約する

・好きなことにかかるお金が減れば、今までよりも好きなことをが出来るようになって豊かな生活に!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました