【R-Wars 3rd】Week2相性表+スキル使用+スターターデッキ【遊戯王デュエルリンクス】

R-wars

R-Wars 3rd Week2データ

2021年7月19日~7月25日に行われたR-Wars 3rdの2週目のデータまとめです

環境考察にお役立てください

Week1のデータは下記のリンクからご確認ください

スポンサーリンク

Week2 相性表

シティ編+サテライト編の相性表

シティ編のみの相性表

サテライト編のみの相性表

スポンサーリンク

Week1~2 相性表

Week1~2のシティ編+サテライト編の相性表

Week1~2のシティ編のみの相性表

Week1~2のサテライト編のみの相性表

スポンサーリンク

スキル使用率と勝率

シティ編+サテライト編のスキル使用率

シティ編のみのスキル使用率

サテライト編のみのスキル使用率

スポンサーリンク

スターターデッキ採用率

シティ編+サテライト編のスターターデッキ分布

シティ編のみのスターターデッキ分布

サテライト編のみのスターターデッキ分布

スポンサーリンク

環境考察

Week1と2と見比べてみてデータ分析をしていきます!

ちなみに私はデータ分析が得意というわけではありません!!!

 

まずトップシェアがオノマトからサンダードラゴンに変わっています

これは罠型のオノマトがライノセバスで前妨害+ガガガヘッドで1ドローできることから安定した動きで前と後の妨害を構える動きが強いため、どのデッキ相手にも戦いやすい安定した強さがあったためだと考えられます

Week2はまさに罠環境で、罠型オノマトだけではなく、Week1でも活躍した不知火に加え、霊獣、青眼、剛鬼いったテーマが採用されていました

罠型オノマトに対しての対抗として特に霊獣がシェアを伸ばしましたが、蓋を開けてみると対オノマトでも38.46%と思った以上に勝率が出せておらず、オノマト側も霊獣を当てられることを意識していたことが伺えます

Week2では罠環境に対して活躍できるハーピィやサイバードラゴンが高い勝率を出せています

8月6日適応リミットレギュレーションの発表

7月26日に下記のリミットレギュレーションの発表がありました

ガガガヘッドとライノセバスが両方リミット2になったため、罠型のオノマトが居なくなることが予想されます

また6エクシーズを経由してライノセバスを出すデッキにも影響があるため、環境デッキではサンダードラゴンにも影響があると考えられます

Week3でこのリミットレギュレーションを適応されるかどうかでまた環境分布は変わってくるとは思いますが、Week1ではサンダードラゴン、Week2ではオノマトがトップシェアだったため、このリミットを受けてどのような環境になるか楽しみです

Week3環境予想!!!

改めて言いますがデータ分析は苦手です!!!

コメント欄でみなさんの予想なんか書いてもらえると嬉しいです!

まずガガガヘッドとライノセバスにリミット2がかかったことにより、オノマトとサンダードラゴンが弱体化することが考えられます

Week2では罠環境だったため、狩場で荒らせるハーピィやランページで踏めるサイバードラゴンが高い勝率を出せていました

順当に考えればハーピィ、不知火、ガイアが活躍しそうな感じがしますね!

またライノセバスが数を減らすことでまず考えられるのは月光の復活です

月光が復活するとデッキによっては結構辛いものがあるので、月光もなかなか活躍しそうですね!

Week2では特に不知火やガイアはオノマトに対して40%以下の勝率で負けてしまっていたので、そのオノマトが減れば活躍しそうですよね

オノマトとサンドラが無理すぎたリゾネーターも安定感が高くスターターで起用されそうな感じもありますね!

こんな感じの環境になりそう??

以上、R-Wars 3rd season Week2環境考察でした!

最後までお読みいただきありがとうございました

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました