節約食材の代表格「鶏むね肉」を美味しく食べる調理法

料理

節約料理を作るに当たってやっぱお肉も食べたい!となりますよね

そんな時には値段の安い鶏むね肉が真っ先に候補に上がります

でも鶏むね肉はパサパサして美味しくない・・・と思っていませんか?

実は鶏むね肉がパサパサしてしまうのは調理方法に問題があるからなんですよ!

今回はパサパサしないようにやわらかく調理する方法を紹介していきます

鶏むね肉はなぜパサパサしてしまうの?

原因がわかっていると応用が利きやすいので、まずは原因から見ていきましょう

同じ鶏肉でも鶏もも肉はやわらかくてジューシーに仕上がるのに、鶏むね肉がパサパサでかたくなってしまうのには、脂肪分の少なさが原因になります

鶏もも肉と鶏むね肉を調理前に見比べてみると、脂肪の付き方が違うことが見るだけでもわかりますよね

鶏むね肉は脂肪が少ない代わりに水分が多めになっています

この鶏むね肉の中に入っている水分が加熱されて抜け出してしまうことで、パサパサしたかたくて美味しくない状態になってしまいます

つまり、鶏むね肉は脂肪分が少なくて水分が多いので、水分を逃さないように調理してあげることで美味しく仕上がります

パサパサ肉にさよなら!鶏むね肉の美味しい調理法

下味と一緒に水分を補う

お肉の調理には塩コショウなどで下味をつけておくことが多いですよね

鶏むね肉の下味の際には「砂糖」と「酒」を揉み込んでおくことで水分を補ってパサパサ肉になりにくくなりますよ!

砂糖には保水力があるので加熱にしても水分が逃げにくくなるというメリットがあります

また、酒には臭みを取る効果があるので、味付けの邪魔をしにくく水分を補うことができるので、より美味しく仕上がります

その際に鶏むね肉全体にフォークで穴を開けて置くと表面だけではなく、全体的に染み込むようになるので、より固くなりにくくなります

水分を足した上で保水すれば、鶏むね肉本来の水分と合わせて逃げにくく、ふっくらしたお肉にすることが出来ますよ

調理前にお肉を常温に戻しておく

当然ですが冷蔵庫の中に入っていると冷たい状態になっていますよね

冷たい状態から加熱するとどうしても加熱時間が長くなってしまいがちで、パサパサ肉の原因になってしまいます

また、お肉全般を加熱する際に言えることなのですが、強火で焼くとタンパク質が急激に固まってお肉の水分が流れ出てしまってパサパサになるので、弱火でじっくり焼くようにすると良いです

弱火で焼いた後アルミホイルで包めば、予熱を使って火を通すことはできるので、そのためにも常温に戻してから火を通すようにすると短い加熱時間で済むようになります

料理をする30分くらい前から冷蔵庫から出しておけば常温になるので、まずは鶏むね肉を出しておくということを忘れないようにしましょう

スープや雑炊などに入れる

パサパサ感が鶏むね肉の美味しくないと感じる原因ですよね?

水分が飛んでしまってパサパサして美味しくないのなら、いっそのことスープや雑炊と言った水分の中に入った状態で食べるのがおすすめです

周りに水分があるのでパサパサしにくくなり、美味しく食べられるようになります

まとめ

パサパサ感が苦手であまり食べない人でも、低音でゆっくり加熱して、予熱を使って火を通すようにすると、鶏むね肉とは思えないくらいジューシーなお肉になるのでオススメですよ

ちょっとしたコツを抑えれば、鶏むね肉でも美味しくいただくことができるので、安くて美味しい鶏むね肉を使って節約料理を作りませんか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました