水分補給するなら水が一番!正しい水分補給について

節約

1日2Lの水を飲むようにすると良い。という話は聞いたことあるかもしれません

しかし実際のところ水分を2L飲めば良いかというとそうでもありません

水分補給する際に気をつけたいことをまとめてみました

正しい水分補給をするように心がけましょう

お茶やコーヒーよりも水が一番

お茶やコーヒーって美味しいですよね

私はコーヒーが大好きで1日2~3杯は必ず飲んでいます

ですが、お茶やコーヒーでは正しい水分補給が出来ません

それはお茶やコーヒーには水分の吸収を妨げる成分や排出を促す作用もあるためです

そのせいで水分補給としての役割を十分に果たせない場合があります

また、いろんな成分が入っているために、体の中で消化や吸収する時に時間がかかって胃腸への負担もあるのです

お茶にはカフェインが含まれていますが、コーヒーはもっと多く含まれています

この「カフェイン」には利尿作用や、頭がスッキリとする覚醒効果があり集中力を高めてくれます

しかし、摂りすぎてしまうと眠れなくなったり、めまいや震えといった副作用があらわれることもあります

利尿効果も適度であればよいのですが、身体の中に本来必要な水分も排出してしまうといったデメリットにもなります

水が一番な理由

水には少しだけミネラルが含まれているだけなので消化や吸収にほとんど負担がかかりません

身体にとって水分補給として摂取するには一番良いということですね

水分補給に適しているという理由もありますが、お金がかからないのも水の魅力です

水道代がかかるのでただというわけには行きませんが、コーヒーやお茶に比べると圧倒的に安いです

1日2Lの水は間違い!?正しい摂取量とは?

1日2L水を飲みましょうとは言いますが、2Lという目安は間違っている場合があります

それは単純に個人差があるからです

当然ですが体重が40kgの人と80kgの人では身体の中の水分量が違いますよね?

なので、それぞれ体重にあった水分量で摂取する必要があります

1日の水分の目安量は体重の4%です

体重が40kgの人だと1.6L、80kgの人だと3.2Lが目安となります

じゃあこの4%の量の水を飲めば良いのかというと、それも間違いです

それは、食事からも水分を摂取しているからです

スープやみそ汁のような汁物なんかをイメージしてもらえればわかりやすいと思います

あくまで人によるので、一概にどれだけの水分を飲めば良い!とは断言できないのです

最低限の目安として1日1Lくらいは水を飲むようにすると良いでしょう

ただし飲み過ぎも厳禁です!

飲みすぎもダメ!水中毒になる危険性

1日の摂取量が1Lくらい水飲めばいいなら、寝る前に一気に飲んでおけば良いのかというとそれも間違いです

水は一気に飲むと血中のナトリウム濃度が下がってしまいます

また、水はたくさん飲むと体に良いからと言って目安を超えて飲みすぎると水中毒になる危険性があります

水中毒になると以下のような症状が現れます

  • めまい
  • 頭痛
  • 多尿
  • 頻尿
  • 下痢

なんでもやりすぎは良くないってことですね

水中毒を防ぐためにも、飲みすぎには注意して、少量の水を何回かに分けて摂取するようにしましょう

どんな方法がオススメなの?

時間を置いて、飲みすぎずに、水分を取るようにするにはどうしたらよいのかというと、

  1. 起床時
  2. 昼休み
  3. お風呂上がり
  4. 寝る前

私はこんな感じで水分が自然と摂りたくなります

この4回のタイミングで250ml~300mlのコップ1杯の水を摂るようにすれば、一日の目安の水分量になるようなくらいの水を摂取することが出来ます

体重がちょっと多めな人は帰宅時に1回増やしたりすると良いかもしれませんね

まとめ

・水分補給はお茶やコーヒーではなく水でするように!水のほうがお金もかかりません!

・1日の水分の目安量は体重の4%

・飲みすぎていると水中毒になってしまうこともあるので要注意

・自分なりのルーティンで水を飲むタイミングを作ると自然と水分補給が出来る

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました